マイルCSは初マイルのトーセンラーが豪快に差し切り。初のG1勝利

マイルCS

1着 トーセンラー
2着 ダイワマッジョーレ
3着 ダノンシャーク

安田記念の1,2着馬が不在、割れた人気でのレースとなってマイルCSは前走京都大賞典、マイル戦は初出走のトーセンラーが差し切って初のG1勝利となりました。

勝ったトーセンラーは初のマイル戦という事でやはり後方からの競馬。
内目の枠だった事もあり馬群の中で進める形となりましたが、4コーナーでも慌てず直線を向いてから外に出すと抜群の末脚で一気に差し切る鮮やかな勝ちっぷりでした。
中長距離で安定はしているもののなかなか勝ち切れずに惜しい結果の多い馬でしたが、この決め手はマイルが合ったという事なんでしょうか。このマイルCSを含め自身の4勝全てを京都で挙げていますので京都コースが良い部分ももちろんあるとは思いますが、それにしてもここまでの末脚を使うとは、というのが正直な感想です。
今後どういう使い方をしてくるのかも含めて楽しみですね。

2着ダイワマッジョーレは今回は前目での競馬。内目の枠を生かしてうまく乗りましたが今回は勝ったトーセンラーの末脚が良すぎました。
こちらも2着の多い馬で、先行しても控えてもいい自在性があるだけに余計乗り方は難しそうですね。
今回のように積極的に乗ってくれた方が馬券としては計算しやすい面はあるのですが…。

3着ダノンシャークは真ん中の位置取りからやや早めに前に出していく、所謂勝ちに行く競馬をしました。
結果的にはきっちり溜めたトーセンラーと、内を回ったダイワマッジョーレにその分負けたような形ですが、やはり力はありますね。
ただG1を勝ち切るのは何か助けになるものがないと厳しいのかなと思わせる内容でもありました。

マイルCS枠順確定。最内コパノリチャードで展開はどうなる?

マイルCSの枠順が確定し、ダノンシャークは7枠13番、トーセンラーは3枠5番、クラレントは6枠12番となりました。

枠順で大きく有利不利の出るコースではありませんが、気になるところとしてはまず1枠の2頭ですね。
ハナに行く事が予想されるコパノリチャードが最内枠を引いた事で、スタートさえ決まればこの馬が引っ張る形になるのはほぼ間違いなさそうです。
好位で進めたい馬が、ガルボ、カレンブラックヒル、ドナウブルー、サクラゴスペル、リアルインパクトなど揃っている割には、逃げたいという馬はコパノリチャードくらいなので、2番手集団の牽制具合によってはコパノリチャードが最内枠から単騎で楽に、という展開も想定しておいた方が良さそうですね。
ただ最内だからとあんまり楽に行こうとすれば、逆に大外枠で腹を決めたリアルインパクトあたりに絡まれるような形もあるかもしれません。

そして1枠2番のサダムパテック。
昨年のマイルCSは稍重の馬場を最内1枠1番から勝っていて、今回も内枠。天気もちょっと心配です。
鞍上は昨年の武豊騎手から今年は和田騎手に替わっていますが、昨年の再現をイメージしやすい状況になりました。

3枠5番のトーセンラーはマイルのペースを追走できるかが問題なので、もうちょっと外が良かった気はしますね。
この枠だとスタートからの先行争いは厳しくなるんで、後方からの競馬になりそうです。

混戦マイルCSの取捨の悩みどころ?クラレントとダークシャドウ

今年も混戦模様のマイルCS。今年の成績の安定感でダノンシャークが人気になりそうですが、絶対的な中心馬というわけではなく、かなりの馬にチャンスがありそうなメンバー構成となりました。

そんな中で今回は、ともに毎日王冠からの参戦、ダンスインザダーク産駒、東京コース得意と共通点も多い2頭。
ちょっとクセがあるだけに取捨に迷いそうなクラレントとダークシャドウに注目して、過去10年のデータを見てみます。

まずは毎日王冠からマイルCSというステップ。

毎日王冠からマイルCSに挑んだ馬
馬名 毎日王冠 マイルCS
13 クラレント 5人気3着
13 ダークシャドウ 3人気5着
12 リアルインパクト 7人気4着 9人気5着
12 ストロングリターン 5人気7着 2人気8着
11 リアルインパクト 2人気2着 1人気5着
08 スーパーホーネット 2人気1着 1人気2着
05 ダイワメジャー 1人気5着 4人気2着
04 プリサイスマシーン 5人気4着 12人気5着
03 ファインモーション 1人気7着 2人気2着
03 バランスオブゲーム 5人気1着 4人気4着

近年のリアルインパクトとストロングリターンはともに安田記念馬である事を考えればイマイチという感じですが、それ以前は頭数は少ないものの成績は安定していますね。ただし勝ち馬は出ていません。
リアルインパクトとストロングリターンは堀厩舎なんで、ダークシャドウにとっては少し嫌なデータになりますね。なおリアルインパクトは今年も出走しますが、富士Sからの参戦になっています。
全体的には可もなく不可もなくといったところでしょうか。

続いてダンスインザダーク産駒のマイルCSでの成績を見てみます。

ダンスインザダーク産駒のマイルCS
馬名 性齢 前走 マイルCS
13 クラレント 牡4 毎日王冠
5人気3着
13 ダークシャドウ 牡6 毎日王冠
3人気5着
11 ダノンヨーヨー 牡5 天皇賞秋
11人気15着
12人気4着
10 ダノンヨーヨー 牡4 富士S
2人気1着
1人気2着
09 ザレマ 牝5 富士S
3人気5着
5人気11着
09 ストロングガルーダ 牡3 富士S
4人気8着
11人気14着
08 ジョリーダンス 牝7 スワンS
8人気3着
17人気15着
07 ジョリーダンス 牝6 スワンS
6人気11着
14人気10着
04 フォルクローレ 牝5 スワンS
4人気5着
14人気11着
04 ナイトフライヤー 牡5 富士S
12人気6着
15人気16着

今年も出走予定のダノンヨーヨーくらいしか参考にならないデータになってしまいました。
短距離向きの種牡馬ではないので、今年3頭いる事の方が珍しいですね。
2度好走しているダノンヨーヨーは富士S勝ちや安田記念4着もありますので、東京、京都どちらでも勝負できているという点ではクラレント、ダークシャドウにとっても良いデータではあります。

2頭とも東京コースが得意という点については、過去のデータの集計は難しいのですが、全体的に言えるのは東京だけ極端にいい馬というのは少ないです。
中山や函館、札幌のような特徴あるコースでは、本当にそこでしか馬券にならないような馬は確かにいますが、東京コースは総合力を要求されるコースだけに、東京が苦手なパターンはそこそこありますが、東京だけ良いパターンは堀厩舎や藤沢厩舎に代表されるような使い方が大きく関わっている場合が多いですね。

近年のマイルCSでも東京の実績が極端に良かったパターンは、堀厩舎のリアルインパクトやストロングリターンくらいしか見当たらず、これも東京で数多く使っている事が一番の原因です。
そういう意味では今回のダークシャドウは堀厩舎ですし、東京を使われている数が極端に多いので、厩舎の特徴として捉えた方がいいのかもしれません。
天皇賞(秋)をアクシデントで回避していますし、状態面の方に注目ですね。

クラレントの方は2歳時にはデイリー杯を制していて、血統的には京都はむしろ良さそうなくらいですね。
4月のマイラーズCも出負けからの難しい競馬になった事もあり、0.3差8着は悲観するほどではありません。
過去のデータからは2着までという事にはなりますが、可能性は十分ありそうです。

スワンSはコパノリチャードが逃げ切り。2着にダイワマッジョーレ

スワンS

1着 コパノリチャード
2着 ダイワマッジョーレ
3着 サダムパテック

前走の大敗もあって8番人気と人気を落としたコパノリチャードが逃げ切って快勝。2着には4番人気のダイワマッジョーレ、3着に10番人気のサダムパテックと入り、波乱の結果となりました。

勝ったコパノリチャードは今回はすんなりとハナに行き、マイペースでの単騎逃げと一番いい形が作れました。
京都も合うようですし、こういう展開なら強いですね。
今後については判断が難しい一頭になりそうですが、とりあえずは単騎逃げが見込める場合という考え方でいいのではないでしょうか。
距離に関しては1400がいいという事になるんでしょうかね?1600でも今回のような展開が望めるなら当然要注意となるでしょうし、今のマイル路線には強力な逃げ馬は不在です。
マイルCSとなると少し厳しい気はしますが、展開面などを考えれば出てきてほしい一頭ですね。

ダイワマッジョーレは常に良い競馬をしていますし、もうマイル路線では主力級と考えていいですね。
こちらは1400よりも1600の方が良さそうで、マイルCSでも有力馬の一頭です。
馬格のなさはもうどうしようもありませんので、立ち回り方が重要ですね。

サダムパテックはさすがG1馬といったところですね。10番人気はさすがに低評価すぎました。
安田記念以来の休み明けで58kgを背負ってこの結果なら当然マイルCSでもという事になるんですが、連軸向きの馬ではないですし、やはりまた伏兵扱いとなってしまいそうです。

人気のマジンプロスパーは位置取りも良く、レースの流れもCBC賞のような流れになったのですが直線伸びませんでした。ちょっと敗因が分からない負け方で気になります。

富士Sはダノンシャークが人気に応え快勝。マイルCSでも中心へ

富士S

1着 ダノンシャーク
2着 リアルインパクト
3着 シャイニープリンス

マイル路線の実力馬が揃った富士Sは、1番人気に推されたダノンシャークが好位から鋭く抜け出す快勝。京成杯AH2着に続きここを勝ったことでマイルCSでは人気の一角となりそうです。
2着には先行したリアルインパクト。3着には内を突いた3歳馬シャイニープリンスが入り、前につけた馬同士での決着。後方から進めた馬には厳しい展開となりました。

勝ったダノンシャークは好位の外を回しながら直線を向いても手応え十分。安田記念3着の実績もありますし、ここでは1枚上という印象でした。
レースの上がりが33.8と瞬発力勝負になりましたが、ある程度前目につけても良い脚が使えるこの馬にとってはあの位置をとれた時点でほぼ勝ちは決まっていた印象ですね。
もっともこれまではどこからでも良い競馬が出来ても勝ち切るまでは足りないという善戦タイプ。今年に入ってだいぶ力をつけている印象ですが、次走マイルCSでは勝ち切る事ができるでしょうか。

2着リアルインパクトは得意の東京コースで前が残る展開という事もあり、久しぶりにG1馬らしいレースを見せてくれました。
58kgでのこの結果を素直に受け取れば、今のマイル戦線では上位なんですが、展開に無ぐまれた分や、なかなか安定しない最近の成績を見ると評価は難しいところですね。
ただ昨年のマイルCSも0.3差の3着に好走していますし、展開が向けば可能性はありそうです。ただ今回の2着で人気するようだとあまり信用はできないですね。

3着シャイニープリンスは前目の内を通ってこれた分はもちろんあるんですが、直線に向いてからは前が詰まり、ちょっと苦しいかなというところから最後に伸びてきました。
前走信越S10着でだいぶ評価を落とした感じではありますが、3歳マイル勢の中でもこの馬は上位と考えて良さそうです。
3歳マイル勢のレベル自体が少し低そうな感じもあるのですが、このレースでも6着のレッドアリオンが後方待機勢の中では良く伸びていますし、シャイニープリンスとレッドアリオンは次であまり人気しないようなら面白いかもしれません。
インパルスヒーローも今回は仕方ない展開ですが、この馬は1400に出てきた時の方が狙い目かもしれませんね。そこそこ人気はしてしまうと思いますが。

マイネルホウオウは屈腱炎で全治9ヶ月の診断。復帰は五分五分

NHKマイルCを勝ち、秋は毎日王冠からの始動を目指していたマイネルホウオウは左前浅屈腱炎が判明。全治9ヶ月以上との事です。

NHKマイルC制覇時の柴田大知騎手が非常に印象深いマイネルホウオウですが、ここで戦線離脱となってしまいました。
全治9ヶ月という事ですが屈腱炎だけに難しく、ラフィアンの公式サイトによれば損傷率29%で復帰は五分五分との事です。

この馬自体がNHKマイルCの後にダービーで大敗している事も一因ではあるのですが、今年のNHKマイルCのレベルには疑問が残り、そういう意味でもこの秋こそ真価を問われていた面もあります。
期待も不安も両方ありはしましたが、こういう形で離脱してしまうのは本当に残念です。

まだまだこれからの馬ですから早い復帰を祈ります。

マイネルホウオウは、美浦に滞在中。レース1週前の追い切りに向けて状態が整えられていましたが、昨日24日(火)のキャンター調整後、左前肢に腫れが認められ、本日25日(水)のエコー検査の結果、屈腱炎の発症が判明しました。29%の損傷率となります。秋の始動を目前に残念な結果となり、復帰できるかどうかは五分五分といったところですが、休養に切り替えて患部の回復を促すことになりました。北海道に向け、近々、トレセンを出発する予定です。
http://www.ruffian.co.jp/belonging/condition/belong_cond_back.php?hcd=110161

京成杯AHは52kgエクセラントカーヴが勝利。2着にダノンシャーク

京成杯AH

1着 エクセラントカーヴ
2着 ダノンシャーク
3着 ゴットフリート

1番人気のルナが単勝オッズ4.0倍、10倍以下にオッズが5頭とハンデ戦らしく割れた人気となった京成杯AHは、斤量52kgのエクセラントカーヴが勝利。1000万から4連勝での重賞制覇となりました。

勝ったエクセラントカーヴは、ルナとテイエムオオタカが作った速いペースを中団外で追走。4コーナーでも外から徐々に進出し全く危なげのない完勝と言ってもいい内容でした。
52kgの軽ハンデとはいえ、この内容は先々に非常に期待の持てる内容ですね。
今年のマイルCSとなるとこの後もう1つ勝ってくるくらいでないと、賞金的にも足りなそうですし、現時点ではどうこうは言えません。
次走にどこを使ってきてどんな競馬を見せてくれるのか、そこが試金石になりそうですね。

逆に2着ダノンシャークは58kg背負っての2着。
滑り込み出走だった安田記念でも0.1差の3着と好走していますし、ここで賞金が上積みできたのは大きいですね。
昨年マイルCS4着や京都金杯勝ちもあり、京都の1600はこの馬にはベストの条件。
中山1600で軽ハンデのエクセラントカーヴを捕らえられなかった事はそこまで気にする事もないと思いますし、大目標のマイルCSに向けて良いスタートが切れたと評価していいのではないでしょうか。
マイルCSまでにもう1戦使ってくると思いますが、きちんと見ておくべき1頭ですね。

3着ゴットフリートは春は出遅れに苦しみましたが、ここは前々からの競馬ができました。
前が速くなって多少厳しい展開だったのはあると思いますが、今後G1でというのであればもう少し踏ん張れてほしかったというのが正直なところですね。
ただ休み明けという事もありますしなんとか3着を確保できました。まともなレースが出来たという事を収穫とすれば次戦もう一度注目してみたい気はします。

2001年以降のマイルチャンピオンシップ結果

2012年 稍重

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 1 1 サダムパテック 牡4 武豊 1:32.9 4
2 4 7 グランプリボス 牡4 内田博幸 クビ 1
3 8 17 ドナウブルー 牝4 C.スミヨン 1/2 5

2011年 稍重

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 エイシンアポロン 牡4 池添謙一 1:33.9 5
2 1 1 フィフスペトル 牡5 横山典弘 クビ 11
3 7 13 サプレザ 牝6 C.ルメール 1 1/2 4

2010年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 13 エーシンフォワード 牡5 岩田康誠 1:31.8 13
2 4 8 ダノンヨーヨー 牡4 C.スミヨン クビ 1
3 7 15 ゴールスキー 牡3 福永祐一 ハナ 6

2009年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 2 4 カンパニー 牡8 横山典弘 1:33.2 1
2 7 13 マイネルファルケ 牡4 和田竜二 1 1/4 14
3 7 15 サプレザ 牝4 O.ペリエ クビ 2

2008年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 7 ブルーメンブラット 牝5 吉田豊 1:32.6 4
2 8 17 スーパーホーネット 牡5 藤岡佑介 3/4 1
3 1 2 ファイングレイン 牡5 幸英明 3/4 10

2007年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 8 ダイワメジャー 牡6 安藤勝己 1:32.7 1
2 4 7 スーパーホーネット 牡4 藤岡佑介 クビ 4
3 6 11 スズカフェニックス 牡5 武豊 1/2 5

2006年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 10 ダイワメジャー 牡5 安藤勝己 1:32.7 1
2 4 7 ダンスインザムード 牝5 武豊 クビ 3
3 8 16 シンボリグラン 牡4 柴山雄一 1 1/4 8

2005年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 3 5 ハットトリック 牡4 O.ペリエ 1:32.1 3
2 6 12 ダイワメジャー 牡4 C.ルメール ハナ 4
3 1 1 ラインクラフト 牝3 福永祐一 1 2

2004年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 4 7 デュランダル 牡5 池添謙一 1:33.0 1
2 8 15 ダンスインザムード 牝3 C.ルメール 2 4
3 4 8 テレグノシス 牡5 横山典弘 1 1/4 5

2003年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 6 11 デュランダル 牡4 池添謙一 1:33.3 5
2 8 18 ファインモーション 牝4 武豊 3/4 2
3 2 3 ギャラントアロー 牡3 幸英明 1 1/4 10

2002年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 5 10 トウカイポイント 騸6 蛯名正義 1:32.8 11
2 3 6 エイシンプレストン 牡5 福永祐一 クビ 3
3 1 1 リキアイタイカン 牡4 武幸四郎 ハナ 15

2001年 良

馬名 性齢 騎手 着差 人気
1 7 14 ゼンノエルシド 牡4 O.ペリエ 1:33.2 4
2 5 9 エイシンプレストン 牡4 福永祐一 3/4 2
3 4 8 タイキトレジャー 牡5 横山典弘 3/4 10