マイルCSは初マイルのトーセンラーが豪快に差し切り。初のG1勝利

マイルCS

1着 トーセンラー
2着 ダイワマッジョーレ
3着 ダノンシャーク

安田記念の1,2着馬が不在、割れた人気でのレースとなってマイルCSは前走京都大賞典、マイル戦は初出走のトーセンラーが差し切って初のG1勝利となりました。

勝ったトーセンラーは初のマイル戦という事でやはり後方からの競馬。
内目の枠だった事もあり馬群の中で進める形となりましたが、4コーナーでも慌てず直線を向いてから外に出すと抜群の末脚で一気に差し切る鮮やかな勝ちっぷりでした。
中長距離で安定はしているもののなかなか勝ち切れずに惜しい結果の多い馬でしたが、この決め手はマイルが合ったという事なんでしょうか。このマイルCSを含め自身の4勝全てを京都で挙げていますので京都コースが良い部分ももちろんあるとは思いますが、それにしてもここまでの末脚を使うとは、というのが正直な感想です。
今後どういう使い方をしてくるのかも含めて楽しみですね。

2着ダイワマッジョーレは今回は前目での競馬。内目の枠を生かしてうまく乗りましたが今回は勝ったトーセンラーの末脚が良すぎました。
こちらも2着の多い馬で、先行しても控えてもいい自在性があるだけに余計乗り方は難しそうですね。
今回のように積極的に乗ってくれた方が馬券としては計算しやすい面はあるのですが…。

3着ダノンシャークは真ん中の位置取りからやや早めに前に出していく、所謂勝ちに行く競馬をしました。
結果的にはきっちり溜めたトーセンラーと、内を回ったダイワマッジョーレにその分負けたような形ですが、やはり力はありますね。
ただG1を勝ち切るのは何か助けになるものがないと厳しいのかなと思わせる内容でもありました。

スワンSはコパノリチャードが逃げ切り。2着にダイワマッジョーレ

スワンS

1着 コパノリチャード
2着 ダイワマッジョーレ
3着 サダムパテック

前走の大敗もあって8番人気と人気を落としたコパノリチャードが逃げ切って快勝。2着には4番人気のダイワマッジョーレ、3着に10番人気のサダムパテックと入り、波乱の結果となりました。

勝ったコパノリチャードは今回はすんなりとハナに行き、マイペースでの単騎逃げと一番いい形が作れました。
京都も合うようですし、こういう展開なら強いですね。
今後については判断が難しい一頭になりそうですが、とりあえずは単騎逃げが見込める場合という考え方でいいのではないでしょうか。
距離に関しては1400がいいという事になるんでしょうかね?1600でも今回のような展開が望めるなら当然要注意となるでしょうし、今のマイル路線には強力な逃げ馬は不在です。
マイルCSとなると少し厳しい気はしますが、展開面などを考えれば出てきてほしい一頭ですね。

ダイワマッジョーレは常に良い競馬をしていますし、もうマイル路線では主力級と考えていいですね。
こちらは1400よりも1600の方が良さそうで、マイルCSでも有力馬の一頭です。
馬格のなさはもうどうしようもありませんので、立ち回り方が重要ですね。

サダムパテックはさすがG1馬といったところですね。10番人気はさすがに低評価すぎました。
安田記念以来の休み明けで58kgを背負ってこの結果なら当然マイルCSでもという事になるんですが、連軸向きの馬ではないですし、やはりまた伏兵扱いとなってしまいそうです。

人気のマジンプロスパーは位置取りも良く、レースの流れもCBC賞のような流れになったのですが直線伸びませんでした。ちょっと敗因が分からない負け方で気になります。

富士Sはダノンシャークが人気に応え快勝。マイルCSでも中心へ

富士S

1着 ダノンシャーク
2着 リアルインパクト
3着 シャイニープリンス

マイル路線の実力馬が揃った富士Sは、1番人気に推されたダノンシャークが好位から鋭く抜け出す快勝。京成杯AH2着に続きここを勝ったことでマイルCSでは人気の一角となりそうです。
2着には先行したリアルインパクト。3着には内を突いた3歳馬シャイニープリンスが入り、前につけた馬同士での決着。後方から進めた馬には厳しい展開となりました。

勝ったダノンシャークは好位の外を回しながら直線を向いても手応え十分。安田記念3着の実績もありますし、ここでは1枚上という印象でした。
レースの上がりが33.8と瞬発力勝負になりましたが、ある程度前目につけても良い脚が使えるこの馬にとってはあの位置をとれた時点でほぼ勝ちは決まっていた印象ですね。
もっともこれまではどこからでも良い競馬が出来ても勝ち切るまでは足りないという善戦タイプ。今年に入ってだいぶ力をつけている印象ですが、次走マイルCSでは勝ち切る事ができるでしょうか。

2着リアルインパクトは得意の東京コースで前が残る展開という事もあり、久しぶりにG1馬らしいレースを見せてくれました。
58kgでのこの結果を素直に受け取れば、今のマイル戦線では上位なんですが、展開に無ぐまれた分や、なかなか安定しない最近の成績を見ると評価は難しいところですね。
ただ昨年のマイルCSも0.3差の3着に好走していますし、展開が向けば可能性はありそうです。ただ今回の2着で人気するようだとあまり信用はできないですね。

3着シャイニープリンスは前目の内を通ってこれた分はもちろんあるんですが、直線に向いてからは前が詰まり、ちょっと苦しいかなというところから最後に伸びてきました。
前走信越S10着でだいぶ評価を落とした感じではありますが、3歳マイル勢の中でもこの馬は上位と考えて良さそうです。
3歳マイル勢のレベル自体が少し低そうな感じもあるのですが、このレースでも6着のレッドアリオンが後方待機勢の中では良く伸びていますし、シャイニープリンスとレッドアリオンは次であまり人気しないようなら面白いかもしれません。
インパルスヒーローも今回は仕方ない展開ですが、この馬は1400に出てきた時の方が狙い目かもしれませんね。そこそこ人気はしてしまうと思いますが。

京成杯AHは52kgエクセラントカーヴが勝利。2着にダノンシャーク

京成杯AH

1着 エクセラントカーヴ
2着 ダノンシャーク
3着 ゴットフリート

1番人気のルナが単勝オッズ4.0倍、10倍以下にオッズが5頭とハンデ戦らしく割れた人気となった京成杯AHは、斤量52kgのエクセラントカーヴが勝利。1000万から4連勝での重賞制覇となりました。

勝ったエクセラントカーヴは、ルナとテイエムオオタカが作った速いペースを中団外で追走。4コーナーでも外から徐々に進出し全く危なげのない完勝と言ってもいい内容でした。
52kgの軽ハンデとはいえ、この内容は先々に非常に期待の持てる内容ですね。
今年のマイルCSとなるとこの後もう1つ勝ってくるくらいでないと、賞金的にも足りなそうですし、現時点ではどうこうは言えません。
次走にどこを使ってきてどんな競馬を見せてくれるのか、そこが試金石になりそうですね。

逆に2着ダノンシャークは58kg背負っての2着。
滑り込み出走だった安田記念でも0.1差の3着と好走していますし、ここで賞金が上積みできたのは大きいですね。
昨年マイルCS4着や京都金杯勝ちもあり、京都の1600はこの馬にはベストの条件。
中山1600で軽ハンデのエクセラントカーヴを捕らえられなかった事はそこまで気にする事もないと思いますし、大目標のマイルCSに向けて良いスタートが切れたと評価していいのではないでしょうか。
マイルCSまでにもう1戦使ってくると思いますが、きちんと見ておくべき1頭ですね。

3着ゴットフリートは春は出遅れに苦しみましたが、ここは前々からの競馬ができました。
前が速くなって多少厳しい展開だったのはあると思いますが、今後G1でというのであればもう少し踏ん張れてほしかったというのが正直なところですね。
ただ休み明けという事もありますしなんとか3着を確保できました。まともなレースが出来たという事を収穫とすれば次戦もう一度注目してみたい気はします。