マイルCS枠順確定。最内コパノリチャードで展開はどうなる?

マイルCSの枠順が確定し、ダノンシャークは7枠13番、トーセンラーは3枠5番、クラレントは6枠12番となりました。

枠順で大きく有利不利の出るコースではありませんが、気になるところとしてはまず1枠の2頭ですね。
ハナに行く事が予想されるコパノリチャードが最内枠を引いた事で、スタートさえ決まればこの馬が引っ張る形になるのはほぼ間違いなさそうです。
好位で進めたい馬が、ガルボ、カレンブラックヒル、ドナウブルー、サクラゴスペル、リアルインパクトなど揃っている割には、逃げたいという馬はコパノリチャードくらいなので、2番手集団の牽制具合によってはコパノリチャードが最内枠から単騎で楽に、という展開も想定しておいた方が良さそうですね。
ただ最内だからとあんまり楽に行こうとすれば、逆に大外枠で腹を決めたリアルインパクトあたりに絡まれるような形もあるかもしれません。

そして1枠2番のサダムパテック。
昨年のマイルCSは稍重の馬場を最内1枠1番から勝っていて、今回も内枠。天気もちょっと心配です。
鞍上は昨年の武豊騎手から今年は和田騎手に替わっていますが、昨年の再現をイメージしやすい状況になりました。

3枠5番のトーセンラーはマイルのペースを追走できるかが問題なので、もうちょっと外が良かった気はしますね。
この枠だとスタートからの先行争いは厳しくなるんで、後方からの競馬になりそうです。

スワンSはコパノリチャードが逃げ切り。2着にダイワマッジョーレ

スワンS

1着 コパノリチャード
2着 ダイワマッジョーレ
3着 サダムパテック

前走の大敗もあって8番人気と人気を落としたコパノリチャードが逃げ切って快勝。2着には4番人気のダイワマッジョーレ、3着に10番人気のサダムパテックと入り、波乱の結果となりました。

勝ったコパノリチャードは今回はすんなりとハナに行き、マイペースでの単騎逃げと一番いい形が作れました。
京都も合うようですし、こういう展開なら強いですね。
今後については判断が難しい一頭になりそうですが、とりあえずは単騎逃げが見込める場合という考え方でいいのではないでしょうか。
距離に関しては1400がいいという事になるんでしょうかね?1600でも今回のような展開が望めるなら当然要注意となるでしょうし、今のマイル路線には強力な逃げ馬は不在です。
マイルCSとなると少し厳しい気はしますが、展開面などを考えれば出てきてほしい一頭ですね。

ダイワマッジョーレは常に良い競馬をしていますし、もうマイル路線では主力級と考えていいですね。
こちらは1400よりも1600の方が良さそうで、マイルCSでも有力馬の一頭です。
馬格のなさはもうどうしようもありませんので、立ち回り方が重要ですね。

サダムパテックはさすがG1馬といったところですね。10番人気はさすがに低評価すぎました。
安田記念以来の休み明けで58kgを背負ってこの結果なら当然マイルCSでもという事になるんですが、連軸向きの馬ではないですし、やはりまた伏兵扱いとなってしまいそうです。

人気のマジンプロスパーは位置取りも良く、レースの流れもCBC賞のような流れになったのですが直線伸びませんでした。ちょっと敗因が分からない負け方で気になります。