マイルCSは初マイルのトーセンラーが豪快に差し切り。初のG1勝利

マイルCS

1着 トーセンラー
2着 ダイワマッジョーレ
3着 ダノンシャーク

安田記念の1,2着馬が不在、割れた人気でのレースとなってマイルCSは前走京都大賞典、マイル戦は初出走のトーセンラーが差し切って初のG1勝利となりました。

勝ったトーセンラーは初のマイル戦という事でやはり後方からの競馬。
内目の枠だった事もあり馬群の中で進める形となりましたが、4コーナーでも慌てず直線を向いてから外に出すと抜群の末脚で一気に差し切る鮮やかな勝ちっぷりでした。
中長距離で安定はしているもののなかなか勝ち切れずに惜しい結果の多い馬でしたが、この決め手はマイルが合ったという事なんでしょうか。このマイルCSを含め自身の4勝全てを京都で挙げていますので京都コースが良い部分ももちろんあるとは思いますが、それにしてもここまでの末脚を使うとは、というのが正直な感想です。
今後どういう使い方をしてくるのかも含めて楽しみですね。

2着ダイワマッジョーレは今回は前目での競馬。内目の枠を生かしてうまく乗りましたが今回は勝ったトーセンラーの末脚が良すぎました。
こちらも2着の多い馬で、先行しても控えてもいい自在性があるだけに余計乗り方は難しそうですね。
今回のように積極的に乗ってくれた方が馬券としては計算しやすい面はあるのですが…。

3着ダノンシャークは真ん中の位置取りからやや早めに前に出していく、所謂勝ちに行く競馬をしました。
結果的にはきっちり溜めたトーセンラーと、内を回ったダイワマッジョーレにその分負けたような形ですが、やはり力はありますね。
ただG1を勝ち切るのは何か助けになるものがないと厳しいのかなと思わせる内容でもありました。

スワンSはコパノリチャードが逃げ切り。2着にダイワマッジョーレ

スワンS

1着 コパノリチャード
2着 ダイワマッジョーレ
3着 サダムパテック

前走の大敗もあって8番人気と人気を落としたコパノリチャードが逃げ切って快勝。2着には4番人気のダイワマッジョーレ、3着に10番人気のサダムパテックと入り、波乱の結果となりました。

勝ったコパノリチャードは今回はすんなりとハナに行き、マイペースでの単騎逃げと一番いい形が作れました。
京都も合うようですし、こういう展開なら強いですね。
今後については判断が難しい一頭になりそうですが、とりあえずは単騎逃げが見込める場合という考え方でいいのではないでしょうか。
距離に関しては1400がいいという事になるんでしょうかね?1600でも今回のような展開が望めるなら当然要注意となるでしょうし、今のマイル路線には強力な逃げ馬は不在です。
マイルCSとなると少し厳しい気はしますが、展開面などを考えれば出てきてほしい一頭ですね。

ダイワマッジョーレは常に良い競馬をしていますし、もうマイル路線では主力級と考えていいですね。
こちらは1400よりも1600の方が良さそうで、マイルCSでも有力馬の一頭です。
馬格のなさはもうどうしようもありませんので、立ち回り方が重要ですね。

サダムパテックはさすがG1馬といったところですね。10番人気はさすがに低評価すぎました。
安田記念以来の休み明けで58kgを背負ってこの結果なら当然マイルCSでもという事になるんですが、連軸向きの馬ではないですし、やはりまた伏兵扱いとなってしまいそうです。

人気のマジンプロスパーは位置取りも良く、レースの流れもCBC賞のような流れになったのですが直線伸びませんでした。ちょっと敗因が分からない負け方で気になります。